新入社員の英語研修を海外に委託する企業が増えている

新人の英語研修は海外がトレンド

今日では、日本の一般企業においても社員の英語能力は重視される傾向にあります。そのため、新入社員の英語研修を強化する企業も増えていると言われています。最近では、海外での英語研修がトレンドとなっており、会社に入社すると1ヶ月から3ヶ月といったまとまった期間を海外の研修施設に派遣されて、英語をみっちりと学びます。日本で研修するよりもコストが安いこともあり、新入社員は寮生活をしながらビジネスに必要な英語をしっかりと叩き込まれる研修を受けることになるのです。寮での研修を通じて社員同士の間に交流が生まれ、連帯感が生まれるため、帰国後にチームワークで仕事をしやすくなるという副次的なメリットを享受することが出来ます。

人件費が安く英語が公用語の国が人気

英語の海外研修先に選ばれているのが、英語が公用語に指定されている発展途上国です。人気が高いのがIT産業が盛んな上に経済発展が目覚ましいインドやフィリピンとなっています。インドではIT都市と呼ばれるバンガロールなどが幅広く日本人の英語研修を受け入れており、施設も綺麗で快適に過ごすことができると評判です。英語の研修はインド人の講師から英語を学びますが、指導力が高く、ビジネスシーンで使うことができる英語を学ぶことができると日本企業からも高く評価されています。

研修中は主に寮で生活をしますが、休日は街にでかけてショッピングを楽しんだり、日帰りで小旅行に出かけるなど海外駐在中にしか出来ないアクティビティを楽しむことが出来ます。

社員教育とは、会社の従業員の仕事上のスキルを高めるために行われる教育のことです。営業力、事務処理能力や、コミュニケーション能力などを高めるために、外部の教育機関に研修を委託することもあります。


VPS Hosting ©2019. All Rights Reserved.