圧倒的にハードルが下がった基幹システム導入

パッケージのクオリティは格段の向上

ひと昔前までは企業の基幹システムといえば、基本的に全てオーダーメードでした。その時々の最新技術を駆使して集められたエンジニアがプロジェクトを組んで1年単位で構築するというのがそのスタイルですが、その理由は自社の仕事環境にマッチするようなパッケージがないというのが大きな理由でした。例えば会計管理を例にとっても、基本的には制度会計は日本国中一律ですので問題ないと思われがちですが、例えば入力と承認が分けられているとか、確認の仕方が複数なるなど細かいオペレーションに企業ごとのやり方があり、そこが既製品ではフォローできなかったのです。しかし、今やパッケージの性能は格段に向上していてほとんどオーダーに近いクオリティにまで高められています。

独自の仕様も意外と簡単に反映できる

システムベンダーもこれまでの導入経験をしっかりと蓄積しており、こうしたポイントはパッケージ開発に反映されています。そのため、これまでは顧客の要望で改造すると発生していたバージョンアップできないという問題を解消するために、さまざまな機能がオプションで提供されるようになってきています。顧客は基本部分い加えて、自社に合ったパーツを選ぶことによって希望通りの機能を実装できるようになっています。このことは、このことは、ベンダーと顧客の両方に大きなメリットをもたらしています。

パーツ化がもたらした効用とは

各種の機能をパーツとして提供できることの利点は、ベンダーと顧客双方にとってコストの軽減をもたらしました。また、すでに機能がパーツ化されているため、工期の大幅な短縮にもつながっています。

基幹システムは企業がビジネスを行っていく際、根幹となる重要なシステムです。このシステムはERPとも呼ばれ、各社から数多くの製品やサービスが存在します。


VPS Hosting ©2019. All Rights Reserved.