ストレスチェックが義務化されたって?ストレスチェックの方法

全社員に対するストレスチェックが義務化されました

平成27年12月1日に労働安全衛生法の一部改正され、従業員50人以上の企業は全社員に対してストレスチェックを実施しなければならなくなりました。

ストレスチェックというのは、受験者の心にどれくらいの負担が掛かっているかを図るための検査で、数十問の問診によって判定する方式が一般的です。

労働者のメンタルヘルスの確認・改善を図ることと、職場環境の改善を促すことが義務化に踏み切った目的とされています。

「うつ」や「ノイローゼ」などのメンタルヘルスの不調を防止することは企業にとっても利益になることですので、ある程度の規模の企業であればストレスチェックは実施すべきです。

ストレスチェックシステムの選び方

上記のような立派な理念に基づいて始まったストレスチェックなのですが、実はストレスチェックシステムの内容はどれを選んでも似たり寄ったりです。

なぜなら、厚労省が発表している導入マニュアルの中に「推奨する57項目」が定められており、問診に盛り込むべき質問はあらかじめ決められているも同然だからです。

あとは57の質問を含む問診の内容が平均的な回答からどれだけ離れているかを統計学的に測るだけで、ストレスチェックは成立してしまいます。

そうなると、企業が選ぶべきストレスチェックシステムは、費用が安く、ある程度の回答数を得られているものであればどれでもよいということになります。

これで、精神的に疲弊した社員を洗い出すことができるでしょう。

ストレスチェックを活かすには

とはいえ、本当に大切なのはストレスチェックそのものではなく、その後のケアです。

精神的に疲弊した社員をどうやって再生し、戦力として育てなおすかという点に、企業の本領が問われています。

最近会社でよく行われるストレスチェックは2015年12月改正労働安全衛生法に基づくストレスチェックシステムです


VPS Hosting ©2017. All Rights Reserved.