外勤の多い職場に最適!クラウド会計を使った管理の魅力

クラウド会計だからできる社外からのアクセス

会計処理を効率化する目的でクラウド会計を導入するケースが増えてきました。外勤の多い職場の場合には特にメリットになるのが社員がシステムにどこからでもアクセスできることです。端末によらずにインターネット環境とアカウントさえあればシステムにアクセスできるのがクラウドの特徴であり、外勤で社内にいなくてもシステムを利用できます。出張先などで必要になった経費を請求するのを忘れるというケースはしばしばありますが、外出先でも領収書をスキャンしてシステム上に取り込むことができるので、申請が遅れてしまうリスクを低減させることが可能です。出張中は経費がかかる業務を行うことが多いことから利用価値が高くなります。

経費以外の管理も可能

クラウド会計では予算にかかわる様々な業務をひとまとめにしているシステムも多くなっています。経費以外の管理もシステム上で行うことができるのはメリットです。出張中や外勤のときの勤怠管理の方法に悩む企業は少なくありませんが、クラウドシステムを利用すれば適切な勤怠管理を実施することができます。出勤や退社の手続きをシステム上で行うようにしておき、端末の位置情報から正しく出勤しているかどうかを確認することができるからです。これによってカラ出張や外勤と偽った遅刻などを防止することができます。その勤怠管理の記録に基いて自動的に給与計算を行えるシステムも増えてきているため、全体的な事務作業を効率化できるのも魅力でしょう。

クラウド会計ソフトは、簿記知識がない人でも指示に従うだけで簡単に扱え、決算書なども自動で作成可能です。


VPS Hosting ©2017. All Rights Reserved.